忍者ブログ
元気があれば、なんでもできる。
[95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月29日(水) 【旅88日目】

今日は尾ノ間にある広場での目覚め。
朝5時に目が覚め、テントから出ると、
ちょうど上り始めた朝日に照らされて、"モッチョム岳"がオレンジ色に映えていた。

「いや~、こりゃあいいところにテントを張ったな♪」

テントからの眺めを堪能しながら、のんびりしていた。


ふと、広場の横にあった看板が目に付いた。

 


 "キャンプ禁止"

 


「ワァオ!やばーっ!!」


昨日は真っ暗だったので、その看板は見えなかった。
(ので、仕方なし!)


早起きしてよかったー。


と、急いでテントを片付け、あわただしく広場を出た。


「さて…っと。朝ごはん作らなくちゃ。」


また近くの公園で、朝ごはんに超定番"あんかけ丼"を作って食べた♪
この"あんかけ丼"は、使う肉や野菜、タレの種類をかえるだけで、作り方はいつも同じ。
なのに全然飽きない(というか、おいしい♪)から、ほとんど毎日一食はこれである。笑

 

ところで、この公園もそうだったけど、
屋久島の公園や広場には、

"キャンプ禁止"

の看板がよく立っている。

一大観光地になって、世界中からいろんな人が来るから、
島民としても、その辺でキャンプばかりされては困るのは当たり前だろう。


でも、

いつも人の少ないところを探しては、"その辺キャンプ生活"をしている俺にとって、
屋久島は、"ちょっと過ごしにくい場所"でもある。
(それでも、山の中の駐車場とか、誰もいない海っぷちの公園とかで、
なんとか人の迷惑にならないように"その辺キャンプ"を続けているワタクシですが…。)
島民の皆さんの視線も、冷ややかなものを感じる。。。

それを考えたら、旅人がたくさん来てるのに、あんなに人が温かかった四国はよかったなー!
なんて思う今日この頃。(^.^;)

 

で、また今日の話。↓


朝食を食べ終え、すぐに公園を出発。
("キャンプ禁止"だったから、なんとなくコソコソしてた。ここでは別にキャンプしてないけど…。)


今日は島の東側をぐるっと、意外とさらっと通り過ぎてしまい、
15時頃に、"屋久島一周"を完了した♪

 

さて…次は何をしようかな?

 

「屋久島一周達成記念」で、乾杯してグターッとしてもよかったけど、
まだだいぶ明るいし、体力もあった。
宮之浦でのんびりしながら、次の行動を考えた。

 

「よし!次は『縄文杉』だ!」

 

屋久島でやりたいこと②に挙げた、『縄文杉』観光♪

「『縄文杉』は明日からでもいいやー。」

って思っていたんだけど、
今日、その登山口になる『白谷雲水峡』までの12kmの山道を上ってしまえば、
明日は朝から登山ができる!


時刻は16時半。
雲水峡へのゲートが閉まるのが18時と聞いていたので、
今から出発すれば、「ギリギリ間に合う。」っていうタイミングだった。

なんか、また運命が俺に、

「今すぐ行けっ!」

って言っているみたいだな。(^m^)

ということで、急遽スーパーへ行き、明日の昼までの食料を15分で買い込んだ。

 

16時48分出発。

 

目指すは標高300mにあるという、『白谷雲水峡』へのゲートだ。


「あと1時間12分かー。チョ~ギリギリだな!」


結局それから2時間以上、休みなしで山道をこいで上った。


ゲート?なかったけど…。笑

まあいいや!

 

雲水峡で水浴びをしてすっきりし、
今日は死んだようによく眠れた♪


明日は『縄文杉』見に行くぞー!

 

 

走行距離:53km
走行時間:4時間1分

 


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
旅の道のり

より大きな地図で アジア → ヨーロッパの旅 を表示
最新コメント
[03/15 じょん子]
[03/14 縄田ヒトミ]
[02/17 ぴょんきぃ]
[02/17 ぐっちょん]
[02/17 ぐっちょん]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Horiken's travels All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]