忍者ブログ
元気があれば、なんでもできる。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月6日(月)


夕方、暗くなりだした頃に、オークランドの街を出発し、

夜10時、空港に到着。


さて、ここからチェックイン終了までが、いろいろとあって大変だった。。。

ネット上に公開できる範囲で、ドタバタっぷりを記録しておこうと思う。

 

PR
6月3日(金)


今日は、オークランドのOkahu Bayでの目覚め。

昨日の晩聞いた天気予報どおり、朝からちょっと天気が悪く、

小雨がぱらついている。


ラジオで予報をチェックすると、


「月曜日までは、ずっと雨になりそうです。明日は激しく降るでしょう」


とのこと。。。



「参ったな~。最後の最後で、また雨続きかぁ。」



あと2日間、このOkahu Bayでキャンプをして、5日の夜に空港へ行く計画だったけど、

雨が降るのでは、計画を見直さなくてはならない。


雨のキャンプは楽しくないし、濡れたテントを飛行機に積むのもイヤだ。
(持ち込む荷物の重量が、ギリギリなのだ。)



「仕方ない。最後の2日間は、バッパー(安宿)に泊まろう。」



やむを得ず、そう決断。


正直、バッパーのあの雰囲気が好きではない。
(目的もなく、だらだらした生活をしているバックパッカーたちがたくさんいるから。)


でもまあ、たった2日間だし、雨にはまったく濡れずにシャワーも浴びられるので、

考えようによっては、いいかもしれない。



そう考えて、図書館に一番近いバッパーにチェックイン。

10人部屋が、二晩で$38(約2500円)。

思ったよりも安く済んだ。



その後、図書館でメールをチェックすると、


「今、オークランドにいるわ。ケンはどこにいるの?」


と、アマリアから連絡があった。


おお!それは偶然!



「ぜひ会って、旅話しようよ!」


ということになって、アマリアの泊まっている近くのキャンプサイトへ行った。


お互い、会ってないこの10日間ほどの間に、また話したい出来事がたくさんあった。

四時間ほど旅話をし合って、またお別れ。


「オランダにきたら、絶対連絡してね!」


と、強く念を押してくれたのがうれしかった。

 

【次は、オランダで会おうね!】


旅仲間との再会には、なにか特別なうれしさがある。

だいたい、一緒に過ごした時間はとても短いものだけど、

普通の友達にまた会うのとは違う、強いうれしさ。

たぶん、また会えることの偶然性や難易度(?)が高いからだと思う。


再会がある度に、「旅を続けててよかった~。」と思う。


俺の旅はこれからも、"出会い"と"再会"がテーマだな♪



アマリアとお別れしてからは、閉館まで図書館にいた。

そして、夜はバッパーのシアタールームで映画を3本も見て、久しぶりに夜更かし。


オークランドでは、退屈な日々を過ごすと思っていたけど、

今日は、思いがけない再会のあるいい一日だった。


【走行距離:12km】

-------------------------------------------------------

6月4日(土)


今日は、オークランドのバッパーでの目覚め。

外は一日中、激しく雨が降っていた。


そして、特にやることのない一日。


お土産物屋を、少し見て歩いたくらいかな。

と言っても、旅の予算が厳しいので、お土産もほとんど買えない。
(ほんとは、お土産あげたい人がいっぱいいるんだけど…ごめんなさい。)


昨日はすっかり夜更かししたのに、今日はいつもどおり、

早々と7時半には寝てしまった。


【走行距離:なし】

-------------------------------------------

6月5日(日)


今日も、オークランドのバッパーでの目覚め。

10時にチェックアウトをして、図書館へ行き、手紙をたくさん書いた。
(土壇場になって焦る性格は、相変わらずである。)


今日はこれから、空港へ行く。


そして、空港でステイアップオールナイト。


飛行機のチェックインが朝5時と、だいぶ早朝なので、

前日の晩から待機する作戦である。


絶対に寝過ごしたりしたくない。。。(Touch wood!!)



次に日記を書くのは、もう日本に帰ってからということになる。


「飛行機から降りたら、モワッとするんだろうな~♪」

「どれくらい暖かいんだろ?」

「日本語をいっぱい見られる!」

「また首相が変わりそうだって、どうなってんの!?」

「早くカツ丼食べたいな~。」

「久しぶりに会いたい人が、いっぱいいるな~♪」

「あ、まず、荷物をおろして部屋を片付けなくちゃ。」

「次のガキ使まで、あと6日間もあるじゃん。」


楽しみなこと、気になること、くだらないことが、頭の中にいっぱいだ。笑


 
6月2日(木)


今日は、New Plymouth の海岸にある芝生での目覚め。

午前2時だった。


今日は、早朝のオークランド行きのバスに乗るため、5時起きのつもりでいたのに、

さらに3時間も早く目が覚めてしまった。
 
6月1日(水)


今日は、New Plymouthの街の入り口にあるレストエリアでの目覚め。

 

【7時に起床。でもまだ日の出前。】

数日前、ここでキャンプしたときは、トラックの走る振動で何度も起きたけど、

昨日は山登りでかなり疲れていたので、朝までぐっすり。
 
5月31日(火)

(その1)


今日は、Mt.Taranakiにあるキャンプハウスでの目覚め。

窓からは、明るい日差しが差し込んできている。


よしよし、いい感じだ!


ラジオで天気予報をチェックすると、


「午前中、にわか雨の可能性がありますが、ほぼ一日晴れるでしょう。」


いいぞいいぞ♪


頂上までの往復コースは、所要時間7~10時間となっている。

でも、きっと頂上まではいけないと思うので、

「俺に必要な時間は、たぶん6時間くらいだろう。」と予想。


それならあんまり急がなくてもいいや。と思い、

一人っきりのキャンプハウスで、くつろぎながらを食べ、

弁当も作ってから、

 

【午前10時、登山開始!】

雲はかかっているけど、かすかに頂上も見える。

なかなかいい天気になりそうじゃない♪


 

【始めは、車も通れる砂利道の急斜面が続く】

山は雲に隠れていて、全く見えない。

20分も登ると、暑くなって上着を全部脱いだ。


 

【あらら?ちょっと雲が増えてきてるけど…】

登山開始から40分。

山にかかる雲が、明らかに増えた。

ラジオの電波塔が、ほとんど見えなくなっている。



登山開始から50分後。

 

【完全に雲に包まれた。】


「もう11時近いけど…。いつ頃雲が晴れるんだろう?」


疑問に思ってきたとき、11時のラジオ天気予報。


「今日は、一日中雲りになりそうです。明日は、晴れるでしょう。」


オイオイ。

2時間前に聞いた予報と、全然違うじゃんよ!


NZの天気予報がアテにならないのは知ってたけど、

当日の予報すら、こうもコロッと変わってしまうなんて。。。



くっそ~。
(結局、天気は運任せかい!)


って、天気予報にあたってもしょうがないけど、

とにかく、このまま何も景色が見えない登山になると思うと、

かなりガッカリ。



ベンチに座って休憩していると、汗が一気に冷たくなり、急に寒くなる。

道は退屈だし、景色は見えないし、寒いし。



「あ~あ。とんだ期待ハズレの登山になりそうだ。」


なんて、ちょっと辞めたくまでなった。


でも、まだ登れる。


"行けるところまでは行く"


と決めていたので、つまらないけど登り続ける。



登山開始から、約1時間。

 

【雪がちらほら見え始めた。】

雪、久しぶりに見たな~!

道も退屈な砂利道から、尖った岩登りに変わり、ちょっと楽しい。



そして、岩場の谷から抜けるため、角度の急な木製の階段が現れた。

雲の先が、ちょっと明るい。



【あ!山が見えた!】

岩のごろごろした谷から抜けると同時に、雲の上に出た。

今日の雲は、だいぶ低いところに広がっているらしい。

一日中ずっと、雲の中を登り続けるのだと覚悟していたので、かなりうれしかった。


同時に、山頂もきれいに見えた。

しかも、思ったよりもだいぶ近くにある。


「あれ?テッペンは、もうすぐそこじゃん!あれなら、登頂できそうだな↑↑」


登山開始から、まだ1時間半しか経っていない。

登頂まで、5~7時間って書いてあったけど、

あそこまで行くのに、あと4時間もかかるとは思えない。


時間的にも、大丈夫そうだ♪



いろんな希望が見えたので、一気にテンションが上がる。


山頂までの間に、氷や雪も思ったより見えない。


「山頂から1000m下までは、もう凍っていて登れないよ。」

なんていう話も聞いたけど、ほらやっぱり。

大したことないじゃん。


いろんな人が「危ない」「ムリだ」と言うので、

すっかり諦めていた山頂への道のりが、急に現実味を帯びてきた。



「登ってきてよかった!!」


→(その2)へつづく

 
 
 
 
 
旅の道のり

より大きな地図で アジア → ヨーロッパの旅 を表示
最新コメント
[03/15 じょん子]
[03/14 縄田ヒトミ]
[02/17 ぴょんきぃ]
[02/17 ぐっちょん]
[02/17 ぐっちょん]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Horiken's travels All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]