忍者ブログ
元気があれば、なんでもできる。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日、



【インドの最終走行を終えて】


暗くなってから、ゴアの国際空港へ着いた。


インド4ヶ月の旅の総走行距離は、4100km。

後半、暑くてしんどかったな〜( ̄〜 ̄;)






空港に着いてからは、終始ドキドキ。


なんでかって言うと、

自転車と荷物を、ちゃんと積んでもらえるかどうか不安だったから。

重力オーバーだと1kgあたりUS$10も取られるし、

自転車の梱包にケチをつけられるかもしれない。


だから、




【指示通り、ちゃんと前輪もペダルも外して】



【ビニールシートできれいに包んで…】



いざ、勝負‼




で…




いゃっほーい !


自転車も荷物も、無事に積んでもらえた‼





「2個まで」って書いてあったけど、ちゃんと6個預かってもらえたし、

どうしても50kgを切れなくて3kgオーバーしちゃったけど、

ノーチャージでさらっとチェックインできた。


思いっきり、笑顔を振りまきながら勝負してよかった〜!笑


カウンターの人がいい人だったので、

笑いながら手続きしてくれました♪



ナイス、エアアラビア‼(^^)b






これでもう、あとは飛行機に乗って寝てりゃいいんだ♪


あ〜、ほんとにホッとした。



ゴアでの滞在は、6日間のうち半分は病人みたいな生活だったけど…

自転車ちゃんと積んでもらえたからいいや♪

(腫れてた左足も、やっと良くなったし。)



UAEでの乗り継ぎ時間が14時間もあるのに、

荷物をまとめるのに必死で、暇つぶし道具を全て預けちゃったけど…

ちゃんと積んでもらえたからいいや♪



とにかくもう、最後まで無事にインドの旅が終わって、

ほんとによかった!



さよならいんど。またくるね。













では、イスタンブールまで24時間の移動(←だから格安)、

いってきやす( ̄^ ̄)ゞ
PR
ゴアに着いてから、今日でもう5日。


「ゴアはきっと楽しい!」


なんて、特に根拠もなく期待していたんだけど…


なんだかなぁ(._.)


いざ来てみたら、自分にはあまり居心地がよくなかった。



葉っぱもパーティーもどうでもいいし、

そもそも俺、ヒッピーやこういうだらけた雰囲気が、

あんまり好きになれないんだよな(~_~;)

(ただの一人ぼっちのひがみだな…。)


海は全然きれいじゃないし、波もないし、

ここに来て、まさかの"引きこもり"状態に陥ってしまった。



そんなブルーな感じでいたら、

昨日から左足の甲が痛みだし、だんだん膨らんできた。


足の傷から菌が入ったのかもしれない…。

(左足には、出血した傷が5箇所もある)



前回、友人と二人でインドへきたとき、

同じように友人の足の甲が膨らんで歩けなくなり、

病院へ行ったら、「破傷風になりかけている。」と診断されて、

まともに歩けないまま帰った事を思い出した。


こんな土壇場で病院行きにはなりたくないので、

今日は一日中足を冷やし、心臓より上にあげて寝ている。


なにやってんだオレ。



しかも、また歯が痛くなってきた。

気が緩むと、身体のあちこちが一気に悪くなるもんだ。




【結局、まだ一度も泳いでいなくて】


楽しみと言ったら、




【部屋で本を読みながら、ビールを飲む事くらい】


なにやってんだオレ。


破傷風の予防接種は受けてあるから、きっと大丈夫だと思うけど。


早く先へ進みたい。

列車は朝6:15に、始発のMangalore(マンガロール)を出発。



350km北のMargao(マルガオ)に、

13:15、ピッタリ7時間で着いた。


【車内は終始空いていて、とても快適】

いつもの5倍くらいのスピードで、景色が後ろにすっ飛んで行くのは、

ただただ快感♪


個人的には、


"いつもはノロノロ、たまにビューン‼"


が、いいとこ取りで最高のスタイル。



さて。

ここは、ゴア州のMargao。


何があるのかよく知らないけど、

ビーチがある事だけは知っている!



というわけで、海大好き男、テンション上がりまくりでColvaビーチを目指しました。

お腹は空いてるけど、とにかく海を見るのが先‼



【で、到着。Colva Beach!】

………。


ありゃ?


ビーチは広いけど、海はあんまりきれいじゃないぞ(・・;)


わ〜。そういうことか〜。


Goa州の海って、こんな感じなのね。

つまり、ビーチがメインなわけだ。

寝っ転がって日焼けする、欧米人が好きなやつか〜。



海の質には、だいぶがっかり。

これなら、KovalamやVarkalaの海の方が断然いいじゃないか。




う〜ん。



どの道、今日は体調不良を考慮して、

海には入らないつもりだったけど…。


ここで残りの一日を過ごすのも、なんだかなぁ…。





他のビーチに対する過剰な期待値を修正しながら、

今日、これからの予定を考えた。





ほんとは、今日も一日休養のつもりでいたけど、

電車でゆっくり休んだら、だいぶ調子が良くなったし。



身体が動くなら、ちょっと頑張って、

ゴアに数あるビーチの中で、日本人に最も人気が高いらしい、

"アンジュナビーチ"まで行ってみようかなと考えた。




アンジュナビーチは、50km北にある。


人気があるんだから、きっとこの"がっかり感"を払拭してくれる何かがあるに違いない。





時刻は、午後2時半。

日没までには着けるだろう。



というわけで、ゴア州を北上開始。


ケーララ州で走ったのと同じNH17(国道)は、

やっぱり道が狭くて交通量が多い、嫌な道。

急なアップダウンも多い。





「走りにくいなぁ」と思いつつ、2時間ほどこいだとき、


プシュ〜‼



と、あの嫌な音が…( ̄◇ ̄;)


「もう換えのチューブないんだよ〜。頼むよ〜。」


と、願いを込めてパンク箇所を探してみると、




【わー!やっぱり‼】

3cm近い大穴が空いていた。



バンガロールで買ったチューブは、3本とも、

一度パンクして修理すると、

しばらくして、さらに大きく破れるという欠陥品だった。


「3本目!お前もか‼」



あそこで買ったタイヤは、2本とも、

500km走っただけで、ズタズタに破れだすし…。

タイヤもチューブも、ムダにぶ厚くて重いだけだ。


う〜ん。

"MADE IN INDIA"の洗練である。

(自転車がこんなに普及してるのに、なんでこんなクォリティなんだろう⁉)


日本人には、理解できない事が多い国である。
(そこがおもしろいんだけど♪)





なんてことも言っていられず、困った困った(^^;)



とりあえず、特大パッチで穴をふさぎ、

空気圧を上げすぎないように注意して空気を入れ、応急処置をした。



これでとりあえず、荷物だけは乗せて動ける。




午後5時。

アンジュナビーチまで、あと24km。

自転車を押して、時速6kmの徒歩移動ではもうムリだ。

ゴアはあんまり治安が良くないらしいので、

夜、しかも徒歩での長距離移動はしたくない。



州都のPanjim(パナジ)なら6km先で行けるけど、

宿代が高いのがネック。



ここは焦らず、近くでキャンプできそうな場所を探すのがベストだと判断し、

辺りをウロウロしてみた。




すると、いい感じの空き地を発見!


まだ明るいので、目的の空き地から少し離れた場所で待機し、

十分に暗くなるのを待った。





そこへ、バイクに乗った二人組のチンピラ(=ガラの悪い兄ちゃん)登場。

(ほんとに最初からチンピラに見えた。笑)



「どこから来たの?ちょっとその携帯見せて。」


「日本だよ。今メールしてるからダメ。」


「1分だけ、電話したいんだ。貸して。」


「ダメだよ。君たちを信用もできないし。」



「なんだよ。貸せよ!」


ドン!と胸を強く押された。


バイクを降りて、距離を詰めてくる二人組。

他にひと気がないのを確認している。



アドレナリンが出るのを感じた。


(おーおー。やんのかコラ。)





・剣道1級 ("初段"の前に、"級"ってのがあるんです!笑)

・元4回戦ボクサー (戦績2戦2敗!笑)

・格闘技がちょっと好き

・富士山の金剛杖 (バイクスタンド)


以上、こっちの武力。(我ながら、貧相ではある。)




だが、



"2対1でも勝てる!"



そう判断し、ファイティングポーズ。


「All right, come on!」


セリフも決まった!笑



が、

こっちがやる気満々だと分かると、


「OK,OK. No problem.」


と引き下がり、来た方向へ引き返して行った二人組。



「なんだよ〜。」



せっかく、喧嘩ができると思ったのに。




ん〜でも、相手が武器を持ったほんとの強盗じゃなくてよかった。


もしものときは、

"銃が出たら、全面降伏"

だと思っている。


でも実際は、ケガをしてもさせても困ったことになるだろうから、

"逃げるが勝ち"

か、

"逃げられないなら降参"

がいいのかもしれない。


今日のは、明らかに勝てそうなただのチンピラに見えたから、

強気の姿勢で良かったけど、

夜に一人でウロウロしないっていう、予防が第一だなって思う。




そんな事を考えてる、ゴア初日の夜でした。

テントの外では、♪ズンジャカズンジャカと、

チンピラの乗ってそうな車が賑やかです。

評判通り、ゴアの治安は少し悪いような気がするので、

明日はちゃんと、宿に泊まろっと。




あ。

明日はまず、朝からPanjimへ行って、

自転車屋探しをしなくちゃいけないんだった。

さすがに州都なんだから、まともな自転車店くらいあるだろうと期待。


最後の最後に、自転車を押して歩き回るハメになるとは…


ハプニングあるから、旅は楽しいんですね♪


明日こそ、アンジュナビ〜チ!( ̄^ ̄)/

昨日、

お昼を食べてから、Payyanurの鉄道の駅へ行ってみた。

Payyanurは小さな街だったので、言葉の通じる人がいるか心配だったけど、

ちゃんと英語の話せる駅員さんがいて、親切に相談に乗ってくれた。


駅員さんの話によると、電車に自転車は積めるけど、

Goa行きの電車に、Payyanurでは自転車を積めないとのこと。
(停車時間が短すぎるらしい。)



「Goaまで行きたいなら、110km北のMangaloreか、40km南のKannurで電車に乗る必要がありますね。」


とのこと。

南へ戻るのは嫌だったので、とりあえず、Mangaloreへ行くことにした。

Mangalore〜Goa(Panjim)間の電車は、早朝の出発で、今予約できるそう。


「今日は自転車こげそうもないから、いつのチケットを取ろうかなぁ。」

と迷っていたら、


「ここからMangaloreまでの電車なら、自転車を積めるよ。でも、あと40分で出発だけどね。」


と、駅員さん。


「え!?そりゃあいい‼ すぐ荷物持って戻って来ます!」


と伝えて、大急ぎで宿へ戻り、荷物をまとめて、

15時ギリギリに、駅へ戻って来た。

さっきまでフラフラしてたのに、

本気になったら、身体は動くもんだな。

40分間全力で動いたら、頭が痛くなったけど(~_~;)



でもなんとか、



【Mangalore行きの電車には間に合った♪】



【電車に自転車を積むのは、とても簡単】

そのまま、さらっと積んでもらえた。


30kg以上ある荷物を抱えて電車に乗り、ほっとひと息。


安心したら気が緩んだのか、また節々が痛くなってきた。

(さっき、界王拳を使ったからだ(-。-;)



でも、こっちがいくら不調でも、電車は勝手にズンズン進む。


そして2時間で、



【110km北のMangaloreへ着いた】

運賃Rs40+自転車Rs33なり。(だいたい120円)

時間とお金と体力の節約ができた。


「ああ、電車はなんて便利なんだろう♪( ´▽`)」


心からありがたいと思った。




しかし、降りてからがちょっと大変で、

重い荷物を持って、1kmくらいある駅の端から端まで歩かなくてはいけなかった。

20歩進む度に休憩していたので、

自転車を受け取るまでに、かなりの時間と体力を消費( ;´Д`)





しんどいけど、そのまま明日のチケットを買いに行き、

Mangalore〜Gokarnaのチケットを買った。
(GokarnaはGoaの150km手前)


出発は朝6:15だけど、自転車を積むなら5:00までに来なさいとのこと。



安い宿を探す元気はなかったので、

駅近くのホテル(Rs400)にすぐチェックインして、すぐに休んだ。




そして今朝。


ちゃんと4:30に起きて、駅へ。

まだ頭が痛いけど、だいぶマシな体調に戻ったみたい。


Parcel Officeへ行って、自転車を積んで下さいと言うと、


「Gokarna行きでは、自転車を積めません。降ろす人がいないんです。」


と言われた( ̄◇ ̄;)


なんじゃそりゃ〜。

(もうGokarna行きのチケット買っちゃったし。)


昨日は、いいよって言われたんですけど…

と、食い下がっても無駄だった。



でも、


「終点のMargaoなら、同じ電車で行けますが…。」


とのこと。

Margaoは、もうGoaである。



さすがに、「電車で、あっという間にGoa到着」っていうのもどうかと思って、

150km手前でおもしろそうなGokarna行きにしたんだけど…


結局、Goaまで一気に行くしかなくなってしまった。


まあいっか。

最後の一週間、ゴアのビーチ巡りをして楽しむのも悪くなさそうだ。

350km先のMargaoまで、

運賃Rs65+自転車Rs33+キャンセル料Rs10なり。(約200円)




というわけで、



【また大荷物を抱えて、Margao行きの電車に乗車】


もうこのまま何もしなくても、

昼過ぎにはGoaに着く。

これでインドの旅も、移動は終了だ。

最後は、あっさり〜♪(^^;)



じゃあ、


さっさと元気になって、Goaをめいっぱい楽しもっと♪






14〜16日の三日間で、順調に300km北上して、



【ゴアまで、あと500kmを切った】


「よしよし。このペースで行こう!」


と思っていたら…


昨日、急激に体調が悪くなった。



午前中は何ともなかったのに、

自転車の整備をしていただけで、股関節が痛みだし、

夜には頭痛と発熱に苦しまされた。



あまりに急な体調の変化だったので、

まるで、誰かの呪いにかかったみたいだと思った。


恨まれる心当たりはないんですが…(・・;)





とにかく、昨日から体調がまたおかしくて、

今日も出発できそうにない。

最近、よく体調を崩すなぁ(>_<)


身体が暑さに負けている。


ってことなんだろうな〜くそ〜。


一日100kmペースは、ちょっと厳しいようだ(−_−;)





このままだと、ゴアを楽しむ時間がなくなりそうなので、

残りの500kmは、電車でGO!かなー。


フラフラするけど、今から駅へ行って、

自転車ごと乗れるのかを確認してみる。



また、カレーがおいしくなくなっちゃったな〜。

早く元気にならなくちゃ。



旅の道のり

より大きな地図で アジア → ヨーロッパの旅 を表示
最新コメント
[03/15 じょん子]
[03/14 縄田ヒトミ]
[02/17 ぴょんきぃ]
[02/17 ぐっちょん]
[02/17 ぐっちょん]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Horiken's travels All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]