忍者ブログ
元気があれば、なんでもできる。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は、体調が良くなったと思って夕方にSatturを出発したけど、

たった10km走っただけで気分が悪くなり、ギブアップ。

国道沿いにあったレストランで暗くなるまで休んで、

駐車場にテントを張らせてもらった。

どこも痛くないけど、とにかく身体がだるかった。






【そして、今朝】

体調は、良くなったような変わらないような…。

あんまりシャキッとしないので、

まだダメかもしれない。



とりあえず、後輪がまたパンクしていたので、

20人ほどのギャラリーに囲まれながら、

朝イチからせっせとパンク修理。

「見せ物じゃないよ〜。」って言いたいε-(´∀`; )



バンガロールで買ったタイヤは、とんだ不良品だったので、交換。

でも、換えるのも同じ不良品のタイヤ(^_^;)

きっと、ゴアまでもたない。

インドでの部品調達には、運も必要な気がする。





修理を終えてレストランで朝食を食べ、

朝の、"のんびりティータイム"。


体調は、まあまあみたい。


いろいろとても親切にしてくれた店員さんたちにお礼を言って、

午前9時に出発した。

カニャクマリまで、あと160km。



ここのところ、風は北東から強く吹いていて、

南へ行く俺には、うれしい追い風。


昨日とおとといは全然動けなくて、うまく利用できなかったけど、

今日は脚に力が入ったので、

追い風に乗って、スイスイ進んだ。

昨日までのノロノロ走行が、嘘のよう。


で、調子に乗って60kmを消化したまでは良かったんだけど…。


気温が上がりだすと、



【ツラい時間がやってきた】

吐き気をもよおし、お腹はピーピー。

逃げ場のない、真上からの強い日差し。


「ああ、こりゃイカン…。」


立体交差の橋の下へ逃げ込み、

路上生活者の方たちと一緒に、2時間ほど寝ていた。

(彼らは外国人を見ても、話しかけてきたり質問してきたりしないので、こっちがツラいときには、なんかすごくいい人たちに見えた。)



2時間寝て水をがぶ飲みしたら、また気分がよくなった。

なんだかギリギリの体調だなぁ(^u^;)



今日の目標100kmを消化するため、

午後3時、またこぎだす。


午後はうっすらと雲があったので、

夕方の日差しがマイルドで、少し走りやすかった。



なんとか100km走り切ったので、

あんまり食欲は湧かないけど、

がんばってパロータを4枚食べて、キャンプ地探し。


すると、



【だだっ広い、ナイスなキャンプサイト発見!】

真っ赤な夕焼け空がとても綺麗で、

がんばった一日のご褒美みたいだった。



今日はなんだか、いろんな歯車がうまく回ってくれた気がする。

運気が上向きになってきたみたいだ♪

カニャクマリまで、やっとあと50km。


きっと明日は、なんかいいことあるさ〜♪( ´▽`)/
PR
2月28日(木)

ミーナークシー寺院を見学。

昨日、エア・アラビアからの回答があり、

自転車の持ち込みがOKということがわかったので、

3月27日発、(GOA→ISTANBUL)の航空券を買った。
(航空券 32000円、超過積載料40kg 4000円)



朝から頭がヅキヅキしていたけど、宿代がちょっと高かったので、

とりあえず、マドゥライを出ることにした。


夕方に出発して30kmだけ走り、畑でキャンプ。


しかし夜、体調が悪化。

頭痛と関節痛がひどかったので、薬を飲んだ。


--------------------------------------

3月1日(金)


朝6時に起床。

見つかると怒られそうな場所だったので、



【暗いうちにテントをたたんだ】


薬が効いたようで、気分は良くなっていた。

でも食欲がわかず、身体に力が入らない。


涼しいうちに距離を稼ごうと思ったけど、



【1時間でダウンした】

この木陰で、5時間動けず。


何か食べないと良くならないと思い、がんばって起き上がったけど、

30分も動けずに、またダウン。

さらに2時間ほど休んで、涼しくなるのを待った。


今日は宿に泊まらないとまずいと思い、

宿がありそうな規模の街を目指してこぎ出す。


が、街の6km手前でパンク。


頭はフラフラするし、気分も悪く、

しんどいパンク修理だった。



なんとか修理を終えて、Suttarという街に着いた。

宿を探すと、きれいなホテルが一軒、すぐに見つかった。


一泊Rs650(1100円)もするホテルだったけど、

とにかく安心して休める場所が欲しかったので、チェックイン。

果物だけ食べて、ひたすら眠った。

--------------------------------------

3月2日(土)


今日は、昼まで寝ていた。

よく眠れたから、体調はだいぶ良くなったみたい。


またカレーを食べられるようになったので、今日は動けそう。



【こんな立派なホテルに2泊もできないので…】

夕方、涼しくなったら出発しようと思う。


カニャクマリまで、あと170km。



ほんとは、今日あたり着く予定だったんだけどなぁ。



元気がなくちゃ、なんにもできない。(^_^;)
昨日も、



【暑〜い中を、110km走行】

飲んでも飲んでも、喉が乾いた。




そして夕方、なんとかマドゥライに到着。


安い宿はみんな満室だったので、

仕方なく一泊Rs400の宿で手を打って、

まだ明るい街を見て歩いた。


マドゥライの街の中心には、

「ミーナークシー寺院」という大きなお寺があり、

毎日1万人もの巡礼者が来るという。







【ミーナークシー寺院の立派な塔門(ゴープラム)】

カラフルな彫刻が、実にお見事。

中を見るのは、今日の楽しみにとっておいた。



そして、今日。

朝6時に起きて、宿から裸足で歩いて行った。







【ミーナークシー寺院の中の様子】

建物の規模や、たくさんある石柱の彫刻、

その厳かな雰囲気に、感動した。

500年前か〜。すごい。



寺院を見学したら、マドゥライにはもうやりたいことがなくなったので、

今日は、これから出発。

昼下がりの一番暑い時間なんだよなぁ…。



【牛もぐったりしてる( ̄〜 ̄;)アチチ】


最南端のカニャクマリまでさっさと行って、

ゴアまでの海岸線北上ルートを、少しゆっくり楽しみたい。

3日前にNamakkalという街に着いた。


Namakkalの街の中心には、大きな一枚岩があり、

その上には、カッコいい砦があった。



【泊まっていた部屋からの景色】







【砦から眺める夕日と街の景色がよかった】



宿のすぐ隣には、





【おいしいサトウキビジュース(Rs5)が飲めて、】





【安くておいしい食堂もいっぱいあった】



【宿(Rs220)のおっちゃんたちも親切で】

Namakkalは、いい街だったな〜。


そんなわけで、丸二日間のんびりしていた。

なんでもない小さな街が、すごく良かったりする。





のんびりしている間に、これからの進路を検討して、

インドの旅の最終目的地を、ムンバイより550km手前のゴアに変更することにした。



【青線の区間をカット】

これで残りの移動が楽になり、

余裕を持って旅を続けられる(^^)b


ゴアからトルコ(イスタンブール)までのフライトで最安値だったのは、

3月27日のエア・アラビアで3万円ちょっと。(乗り継ぎ1回)


「お、いいじゃん♪コレでOK!」


ってすぐにいかないのが、自転車旅のツライところ。

自転車を積んでもらえるのかどうか、

問い合わせて確認してからでないと、チケットが買えない。

(エア・アラビアのWebサイトには、自転車持ち込みについての記載がなかった。)



なので今は、問い合わせの返事を待っているところ。



預け入れ荷物は「2つまで」って書いてあるけど、

自転車も入れると、削っても5つになっちゃうし。。。


こういうとき、身軽なバックパッカーが羨ましい( ̄〜 ̄;)イイナ〜


飛行機移動はいろいろ準備が面倒で、

当日、荷物を預け終わるまでハラハラするのでイヤだ。


それでも過去4回、自転車を積んでの飛行機移動は何とかなったので、

今回もどうにかなるはず(^-^;)

ちなみに、"NZ→日本"のとき
(href="http://kenkenbicycle.blog.shinobi.jp/Entry/490)が、一番のドタバタでしたσ(^_^;)



そして今日、Namakkalを出発。



【うだるような暑さの中を85km走って】

マドゥライまで、あと100kmのところでキャンプ。


カニャクマリまでが、あと340km。

ゴアまでだと、残り1400kmらしい。


インドの旅も、あと一ヶ月。

これからますます、暑さとの闘いになるなぁ( ̄3 ̄;)

昨日の晩は、Hosurという街の5km西、



【道路脇の空き地でキャンプ】

人目に付きやすいところだったのに、

疲れていたので、自転車に鍵もかけずに寝てしまった。

危ない危ない。


朝、人が近くを歩く音で目が覚めたけど、

荷物も自転車も無事だったのを見て安心した。



油断してるわけではないけど、

きっとインドは、みなさんが想像するよりも安全です。


どこへ行っても人はたくさん寄って来るし、

自転車や荷物は、よく勝手にいじくられるけど、

物を盗もうとする人はほとんどいない。

(ここ3ヶ月で盗られたのは、鏡とライトだけ。
中国や東南アジアにいたときの方が、もっといろいろ盗まれた。)


"こっそりキャンプ"が見つかっても、危険を感じるようなことがないので、

キャンプサイト選びが、だんだん大胆になってきた。

(↑これを"油断"というのかもしれないけど…。笑)


日本人から見ると、いろいろハチャメチャなインドだけど、

そんなに身構える必要もないので、

興味のある方には、自転車インドの旅はオススメです♪





で、今日も出発。

よく眠れたので、調子がいい。


ちなみに、今日からタミルナードゥ州。

言葉も文字もタミル語に変わったけど、

ヒンディー語すらわからない自分には、あまり関係がない。(^_^;)




Hosurから東へ、Krishnagiriまでの道のりは、



【長い下り坂が多くて、気持ちがよかった】

この50km区間で、標高は450mまで下がった。

高原地帯(デカン高原)も、この辺で終わりなのかな。

景色がまたちょっと変わって、



【久しぶりに、緑の田んぼが現れた】


時間の都合上、Chennaiへは行かないことにしたので、

Krishnagiriで進路を南へ変更。

Krishnagiriからは、



【Maduraiまで355km、Kanyakumariまでは590km】

この調子だと、カニャクマリに着くのが3月の初め。

そこからMumbai(ムンバイ)までが、1800kmくらいあるらしい。


うーん。意外と先は長そうだな。



【ハンピからで、あと2000kmくらいだと思ったんだけど】

ちょっと(だいぶ⁉)読みが甘かったかも。

3月も一生懸命こがなくちゃ…か。σ(^_^;)


まあ、

"元気があれば、なんとかなる"

ってね♪(^へ^)bチバリヨ〜





最近は、お昼から夕方4時くらいまでの時間が、



【暑くてキツいっす( ´ 〜 ` ;)ノ】

日陰が天国。

でも、あんまりない。


日が落ちてきて、空がだんだん赤くなってくると、


「ああ、今日もがんばったわい。」


と、ちょっとした達成感がある。


そして、



【沈んでく夕陽が、毎日きれいなんだな♪】

これも、インドの旅のいいところ。

まん丸でデッカい朝日と夕陽は、

何度見ても良いから不思議だな。




暗くなるまで走って、

今日も道路脇の空き地でキャンプ。


そして明日も、日の出と共にスタートだな!
旅の道のり

より大きな地図で アジア → ヨーロッパの旅 を表示
最新コメント
[03/15 じょん子]
[03/14 縄田ヒトミ]
[02/17 ぴょんきぃ]
[02/17 ぐっちょん]
[02/17 ぐっちょん]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Horiken's travels All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]