忍者ブログ
元気があれば、なんでもできる。
[782] [781] [780] [779] [778] [777] [776] [775] [774] [773] [772]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

列車は朝6:15に、始発のMangalore(マンガロール)を出発。



350km北のMargao(マルガオ)に、

13:15、ピッタリ7時間で着いた。


【車内は終始空いていて、とても快適】

いつもの5倍くらいのスピードで、景色が後ろにすっ飛んで行くのは、

ただただ快感♪


個人的には、


"いつもはノロノロ、たまにビューン‼"


が、いいとこ取りで最高のスタイル。



さて。

ここは、ゴア州のMargao。


何があるのかよく知らないけど、

ビーチがある事だけは知っている!



というわけで、海大好き男、テンション上がりまくりでColvaビーチを目指しました。

お腹は空いてるけど、とにかく海を見るのが先‼



【で、到着。Colva Beach!】

………。


ありゃ?


ビーチは広いけど、海はあんまりきれいじゃないぞ(・・;)


わ〜。そういうことか〜。


Goa州の海って、こんな感じなのね。

つまり、ビーチがメインなわけだ。

寝っ転がって日焼けする、欧米人が好きなやつか〜。



海の質には、だいぶがっかり。

これなら、KovalamやVarkalaの海の方が断然いいじゃないか。




う〜ん。



どの道、今日は体調不良を考慮して、

海には入らないつもりだったけど…。


ここで残りの一日を過ごすのも、なんだかなぁ…。





他のビーチに対する過剰な期待値を修正しながら、

今日、これからの予定を考えた。





ほんとは、今日も一日休養のつもりでいたけど、

電車でゆっくり休んだら、だいぶ調子が良くなったし。



身体が動くなら、ちょっと頑張って、

ゴアに数あるビーチの中で、日本人に最も人気が高いらしい、

"アンジュナビーチ"まで行ってみようかなと考えた。




アンジュナビーチは、50km北にある。


人気があるんだから、きっとこの"がっかり感"を払拭してくれる何かがあるに違いない。





時刻は、午後2時半。

日没までには着けるだろう。



というわけで、ゴア州を北上開始。


ケーララ州で走ったのと同じNH17(国道)は、

やっぱり道が狭くて交通量が多い、嫌な道。

急なアップダウンも多い。





「走りにくいなぁ」と思いつつ、2時間ほどこいだとき、


プシュ〜‼



と、あの嫌な音が…( ̄◇ ̄;)


「もう換えのチューブないんだよ〜。頼むよ〜。」


と、願いを込めてパンク箇所を探してみると、




【わー!やっぱり‼】

3cm近い大穴が空いていた。



バンガロールで買ったチューブは、3本とも、

一度パンクして修理すると、

しばらくして、さらに大きく破れるという欠陥品だった。


「3本目!お前もか‼」



あそこで買ったタイヤは、2本とも、

500km走っただけで、ズタズタに破れだすし…。

タイヤもチューブも、ムダにぶ厚くて重いだけだ。


う〜ん。

"MADE IN INDIA"の洗練である。

(自転車がこんなに普及してるのに、なんでこんなクォリティなんだろう⁉)


日本人には、理解できない事が多い国である。
(そこがおもしろいんだけど♪)





なんてことも言っていられず、困った困った(^^;)



とりあえず、特大パッチで穴をふさぎ、

空気圧を上げすぎないように注意して空気を入れ、応急処置をした。



これでとりあえず、荷物だけは乗せて動ける。




午後5時。

アンジュナビーチまで、あと24km。

自転車を押して、時速6kmの徒歩移動ではもうムリだ。

ゴアはあんまり治安が良くないらしいので、

夜、しかも徒歩での長距離移動はしたくない。



州都のPanjim(パナジ)なら6km先で行けるけど、

宿代が高いのがネック。



ここは焦らず、近くでキャンプできそうな場所を探すのがベストだと判断し、

辺りをウロウロしてみた。




すると、いい感じの空き地を発見!


まだ明るいので、目的の空き地から少し離れた場所で待機し、

十分に暗くなるのを待った。





そこへ、バイクに乗った二人組のチンピラ(=ガラの悪い兄ちゃん)登場。

(ほんとに最初からチンピラに見えた。笑)



「どこから来たの?ちょっとその携帯見せて。」


「日本だよ。今メールしてるからダメ。」


「1分だけ、電話したいんだ。貸して。」


「ダメだよ。君たちを信用もできないし。」



「なんだよ。貸せよ!」


ドン!と胸を強く押された。


バイクを降りて、距離を詰めてくる二人組。

他にひと気がないのを確認している。



アドレナリンが出るのを感じた。


(おーおー。やんのかコラ。)





・剣道1級 ("初段"の前に、"級"ってのがあるんです!笑)

・元4回戦ボクサー (戦績2戦2敗!笑)

・格闘技がちょっと好き

・富士山の金剛杖 (バイクスタンド)


以上、こっちの武力。(我ながら、貧相ではある。)




だが、



"2対1でも勝てる!"



そう判断し、ファイティングポーズ。


「All right, come on!」


セリフも決まった!笑



が、

こっちがやる気満々だと分かると、


「OK,OK. No problem.」


と引き下がり、来た方向へ引き返して行った二人組。



「なんだよ〜。」



せっかく、喧嘩ができると思ったのに。




ん〜でも、相手が武器を持ったほんとの強盗じゃなくてよかった。


もしものときは、

"銃が出たら、全面降伏"

だと思っている。


でも実際は、ケガをしてもさせても困ったことになるだろうから、

"逃げるが勝ち"

か、

"逃げられないなら降参"

がいいのかもしれない。


今日のは、明らかに勝てそうなただのチンピラに見えたから、

強気の姿勢で良かったけど、

夜に一人でウロウロしないっていう、予防が第一だなって思う。




そんな事を考えてる、ゴア初日の夜でした。

テントの外では、♪ズンジャカズンジャカと、

チンピラの乗ってそうな車が賑やかです。

評判通り、ゴアの治安は少し悪いような気がするので、

明日はちゃんと、宿に泊まろっと。




あ。

明日はまず、朝からPanjimへ行って、

自転車屋探しをしなくちゃいけないんだった。

さすがに州都なんだから、まともな自転車店くらいあるだろうと期待。


最後の最後に、自転車を押して歩き回るハメになるとは…


ハプニングあるから、旅は楽しいんですね♪


明日こそ、アンジュナビ〜チ!( ̄^ ̄)/

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
旅の道のり

より大きな地図で アジア → ヨーロッパの旅 を表示
最新コメント
[03/15 じょん子]
[03/14 縄田ヒトミ]
[02/17 ぴょんきぃ]
[02/17 ぐっちょん]
[02/17 ぐっちょん]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Horiken's travels All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]