忍者ブログ
元気があれば、なんでもできる。
[837] [836] [835] [834] [833] [832] [831] [830] [829] [828] [827]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本に帰ってきて、とりあえず3日が経ちました。(今日は25日)

事務手続きがいろいろ慌しいのと、まだ気持ちの整理がつかないのとで、

せっかく連絡やコメントをくれた人たちに、まだ返事を書けずにいました。
(ん~!まだ書いてない!)

ごめんなさ~い。(-。-;


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


2013年6月21日(金)【旅661日目 トルコ86日目】


今日は、いよいよトルコを出発する日。




【ここの宿で、6週間も療養生活をしていた。】

長かったな~。

でも結局、治せなかったな~。




飛行機は、昼の12:30に出発の便。

3時間前には空港へ着くよう、余裕を持って出たんだけど、

タクシム駅からトラムのカバタシュ駅へいくケーブルカーがなぜか運行していなくて、

重い荷物を抱えて、カバタシュ駅まで歩くハメになった。


自転車の整備用具や無駄なものを捨てて、



【荷物はできるだけ減らしたつもりだったけど】

やっぱり、重い荷物を背負い&抱えて移動するってのは大変だった。

この荷物でバックパッカーに転身してたら、かなりしんどかったろうな。



トラムに乗るまでに1時間くらいかかってしまい、

空港へ着いたのは、出発の2時間前だった。



【チェックインカウンターは、まだまだ大混雑していた。ちょっと安心。】

さらに、昨日の夜、ネットですでにチェックインは済ませておいたので、

この行列には並ばないで済んだ。

Webチェックインなら、席も自分の好きな場所を選べるし、とても便利。


さて、ここで問題なのは…




【荷物の”個数”だった。】

今回は、Aeroflotというロシアの航空会社で帰ることにした。
("イスタンブール → 東京"が、$580=57000円)

手荷物10kg + 預け入れ荷物23kgが、各一個ずつ無料で持ち込めるチケット。

重量の合計は制限内に収めたけど、バッグの数は3つ以下には削れなかった。

このままだと、「個数+1」のために€50(7000円)も超過料金がかかってしまう。



そこで、




【2つのバッグを、テントのグラウンドシートで包んでひとつにまとめたら】

すんなり無料で受け取ってもらえた。

これだけで、7000円の節約。

なんでもやってみるもんだ。



しかしその後、今度は別の問題が発生。




ずっと自転車のスタンドとして使ってきた、富士山の金剛杖を持ちこもうとしたら、

セキュリティチェックで引っかかった。


杖の持込みについては、事前にネットでチェックしてOKだと書いてあったし、

荷物を預けるときにも、カウンターで実物を見せて、OKだと確認を取っておいた。



それなのに!

セキュリティーの係員は、

「これは武器になるからダメだ。航空会社の言うことと、空港のセキュリティとは別問題だ。」

と言って、まったく聞く耳をもたない。


その杖は、ずっと一緒に旅を続けてきた大事な記念品のひとつだったので、どうしても持って帰りたい。

英語があんまり通じない係員は、どうしてもOKだと言わない。


俺がセキュリティーでごねている間に、何人も杖を持った人たちが通過していくのに、

どうして俺が金剛杖を持って入っちゃいけないんだ!!

(考えられる理由 ①金剛杖が杖っぽく見えない。②俺が病人に見えない。)

なんだか、人や物を見た目で判断されるのにムカッとして、

とことんセキュリティー数人と口論を続けた。

20分くらい言い合いをして、警察官が登場。


空港のセキュリティーよりもよっぽど話のわかる(英語もわかる)警察官は、

「OK。君は安全な人間だと信じるから、持ち込んでいいよ。」

と、すぐに通してくれた。



空港では、自転車の持込でモメることが多かったけど、

自転車がなくても、結局、すんなりとは通過できないらしい。


「俺って、そんなに反社会的な人間なんだろうか…?」


と、自分にますます自信がなくなった。

こっちだって飛行機になんて、できれば乗りたくないんだよ!!




なんていう、小さなひと悶着があったもんだから、免税品ショッピングで残りのリラを使う時間もなく、

急いで飛行機に乗り込むハメになった。笑





【離陸。イスタンブール上空。】


「なんで俺、この飛行機に乗ってるんだ!?」


離れ行くイスタンブールの街並みを眺めながら、ふと我に返ったような気分になった。

同時に、目の前の現実が「非現実」に見えてくる変な感覚。


これは夢かな?


長かった旅生活が、もしかしたらこれで終わるかもしれない。


まったくピンとこない現実だった。


しかし、




【和気藹々とした雰囲気で、快適な移動であった♪】

となりのロシア人(空手家)、いいおっちゃんだな~♪

と思ったら、俺(31)よりも年下(30)だった。笑


あ…そうなんだ。

俺も、もう立派な「おっちゃん類」なワケね~!(^~^;)




いろんな現実にまったく"現実味"が湧かぬまま、予定通りに日本に着いた。




【我が地元の「高幡不動尊」】

地元の景色は、思ったよりもぜ~んぜん変化がなく、なんだかうれしかった。





【かわいい甥っ子は、"超かわいい甥っ子"に成長していた♪】

さっそく、いっぱい遊んであげた!(^m^)vバカおじ~!!



悲しい気持ちいっぱいで帰ってきたけど。。。

なんだか、いいこともありそうな気がしてきた~!

かな。(^^)




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


これが旅生活の終わりになるかどうか、これからの生活と肝炎の治り方次第。

とりあえず、しばらくは休憩っていうことにしておきます。



これからも、日々の出来事や、書ききれなかった旅の記録をここに書いていこうと思います♪





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
生きてりゃ先があるさ
お久しぶりです。
ずっとコメントしたかったけど、余計な発言にならなきゃとあれこれしてたら帰国ですか。
If I were you, 私もその選択だと思いますよ。
まだ31(ってもう会ったときから4年か~)だぜえ、
私は50過ぎてからシルクロード走るつもりなんだから、
元気が有れば、いつでもできるさ。
お忙しいようなのでレス不要です。
また東京寄るときに連絡するので
会えたら会おう(^-^)/
mikkie 2013/06/25(Tue) 編集
そうだね!
ミッキー、久しぶり~!メッセージありがとう!
あそこで出会ってから、もう4年経ったんだね!?早いモンだ~。
元気でいれば、自分がいくつになってもきっとチャンスがまたくるね!
うん。やっぱり健康第一。
帰るときは残念でしょうがなかったけど、今は俺も正しい選択だったと思えるよ♪
東京に来るときは、連絡してね~!(^0^)b
 【2013/06/26】
お疲れさん
とりあえずお帰り!
ぴょんきぃ 2013/06/26(Wed) 編集
はい!
とりあえず地元で、健康体に戻すようがんばります!
あとてつは、ますますいいお店になってますね~☆
次に行くときが楽しみです~~!!
 【2013/06/26】
旅の道のり

より大きな地図で アジア → ヨーロッパの旅 を表示
最新コメント
[03/15 じょん子]
[03/14 縄田ヒトミ]
[02/17 ぴょんきぃ]
[02/17 ぐっちょん]
[02/17 ぐっちょん]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Horiken's travels All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]