忍者ブログ
元気があれば、なんでもできる。
[680] [679] [678] [677] [676] [675] [674] [673] [672] [671] [670]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
8月28日(火) 【旅367日目 カンボジア22日目】
 
 
 
8泊もしたシェムリアップを、ようやく出発の日。
 
 
 
街を出る前に、自転車の部品を買っておいた。
 

+ + + + + + + + + +
 
20120828_1.jpg
 
【タイヤUS$3、ブレーキシューUS$1】
 
新品のタイヤがUS$3、にはビビった。
(いくらなんでも、安すぎじゃないか!?)
 
 
ブレーキワイヤーの交換も、US$1でやってもらえた。
 
カンボジアでは、自転車用品がちょー安。
 
 
 
自転車が万全の状態になったので、
 
タイを目指して、6号線を西に進む。
 
 
 
 
途中、コムロー村を通るルートだったので、
 
 
 
【ちょっと寄り道】
 
学校建設に参加しているみんなに挨拶をして、再び出発。
 
 
 
 
タイとの国境の街Poipetまでは、約150km。
 
その手前、100km走ったところにSisophonという大きな街があるので、
 
今日は、そこを目指しての移動。
 
 
 
だったんだけど…
 
 
 
 
(クソ)向かい風が強くて、なかなか前へ進まず。
 
 
「こりゃ、100km移動はキツいなぁ。」
 
 
と思い始めたころ、
 
 
 
【ドンピシャのタイミングで、スコールに突っ込んだ。】
 
 
気持ちいいくらいズブ濡れになったら、また向かい風。強風。
 
 
なんだか疲れた。
 
 
 
向かい風にムカつきながら、60km走ったところで、
 
Karalanという小さな町に到着。
 
 
 
そこで、ふと目に留まった"Guesthouse"の文字。
 
 
 
「あ。…今日は、もういいや!」
 
 
 
向かい風を受けながらの走行は、イライラして全然楽しくないので、
 
さっさと移動を終了。
 
 
 
明日は風が止むことを願いつつ、
 
一泊US$6の部屋で、快適な夜を過ごした。
 
 
 
------------------------------------------------------
 
8月29日(水) 【旅368日目 カンボジア23日目】
 
 
 
国道6号線上にある町、Karalanのゲストハウス。
 
 
国境の街Poipetまで、あと約100km。
 
なんとか今日中にたどり着こうと、午前中に出発。
 
 
 
 
風が止むことを願っていたけど、
 
今日も西からの向かい風。強風。
 
 
 
カンボジアの旅は、最初から最後まで…

ずっと向かい風だな!コノヤロー!!


 
 
最後まで容赦のない風に腹を立てつつ、
 
 
 
【変わり映えのしない一直線の道を、ひたすら前進。】
 
 
 
 
 
 
【カンボジアのラストライドを、動画で記録しておいた。】
 
キーワードは、"真っ平ら"、"一直線"、"向かい風"、"スコール"。
 
「これぞ、カンボジア走行!」な最後だった。
 
 
 
そして、Poipetまで100kmの道のりを走り切った。
 
 
 
タイに入るのは明日にして、Poipetで宿探し。
 
予想外に大きな街だったので、ゲストハウスがたくさんあり、
 
快適な宿を見つけるのも容易だった。(一泊200B)
 
 
Poipetでは、リエルよりもドルよりも、タイバーツが主に流通している。
 
いよいよタイ!って感じがしてきたな♪
 
 
 
これで、カンボジアの旅が終了。
 
旅行者との出会いの多い、充実した3週間だったー!
 
 
 
------------------------------------------------------
 
8月30日(木) 【旅369日目 カンボジア24日目 タイ14日目】
 
 
 
カンボジアの旅、最終日。
 
タイとの国境の街Poipetのゲストハウス。
 
 
 
宿の敷地内に停めておいた自転車から、お気に入りのアーミーヘルメットと、
 
愛用していたチタンカップが盗まれていた。
 
気分の悪い朝だ。
 
 
 
さらに困ったことに、昨日の晩からピーピーになった。
 
今回は、風邪の症状ではなく、単なる食あたりっぽい。
 
 
宿で一日休養することも考えたけど、
 
嫌な気分のままじっとしていたくなかったし、
 
タイへ入ってうまい飯でも食べれば体調も治るだろうと思って、
 
お昼にカンボジアを出国した。
 
 
 
【タイの旅、再開。】
 
久しぶりの左車線走行に違和感を感じつつ、
 
セブンイレブンがあることに、ちょっと感動。
 
 
やはり、タイは物質的にだいぶ豊かな感じがする。
 
 
 
わくわく気分で走り出したのだけれども、
 
残念ながら、体調の方がどんどん悪化してきた。
 
 
 
全く食欲がわかず、暑さにも耐えられない。
 
 
 
そして…
 
 
 
【出発後、2時間でダウン。】
 
コンビニのベンチで1時間、バス停のベンチで1時間熟睡。
 
身体が、休めと言っている。
 
 
 
国境から30kmしか進んでなかったけど、運よくバンガローを発見したので、
 
無理をせずに、休養をとることにした。
 
 
 
夜は、さらにピーピーが悪化。
 
 
 
せっかく、楽しみだったタイに戻ってきたのに…なんだかなぁ。
 
 
 
------------------------------------------------------
 
8月31日(金) 【旅370日目 タイ15日目】
 
 
 
カンボジア国境から30kmの町、Watthana Nakhon。
 
 
【一泊250B(650円)。ホテル並みにきれいで快適なバンガロー】
 
 
ピーピーが止まらず、食欲もわかず。
 
液体のみを口に入れ、液体のまま排泄する。(^.^;)
 
 
 
とても出発できるコンディションではなかったので、おとなしく一日中寝ていた。
 
 
こんな"THE 食あたり"は、初めての経験。
 
 
結構しんどいのね~。
 
 
------------------------------------------------------
 
9月1日(土) 【旅371日目 タイ16日目】
 
 
 
一日休んだ甲斐あって、朝の体調はまずまず。
 
でも、鏡に映った自分が、あまりにげっそりしていたのに驚いた。
 
 
それでも、とりあえず身体に力は入ったので出発。
 
 
 
 
相変わらず食欲はなく、アイスと豆乳でエネルギーを確保しつつ前進。
 
ただし、冷たいものを食べると、すぐに腹を下す。
 
 
 
固形物を口にする気にはなれず、日中は冷たい飲み物しか喉を通らない。
 
 
→すると、すぐにまた腹を下す。
 
 
そんな悪循環が始まった。笑
 
 
 
 
当然、体力は続かず、すぐにバテバテ。
 
 
 
 
→たまらず、ガソリンスタンドのベンチで仮眠(90分)。
 
 
その後、スコールに見舞われ、
 
 
【雨宿りさせてもらったベンチで仮眠(90分)】
 
 
売り物のベンチで横になる俺に、枕までくれた優しいおばちゃんにありがとう!!
 
 
 
 
寝ている間に雨は止んだけど、もう移動どころではなかった。
 
 
 
 
結局、今日も30kmしか進めなかったので、宿のある街にはたどり着けず。
 
 
 
 
国道沿いのガソリンスタンドで、テントを張らせてもらおうと頼んだら、
 
 
「ここでもいいけど、向かいの交番の方がいいんじゃないかな。」
 
 
と、交番でキャンプできることを教えてくれた。
 
 
 
そして、その交番でお巡りさんに尋ねると、快くOKしてくれた。
 
 
 
体調は悪いけど、おかげで今日は、いい人たちにあちこちで助けてもらえた。
 
悪いことばかりじゃないってね~♪
 

うんうん。
 
タイは、"微笑みの国"だわー!
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
旅の道のり

より大きな地図で アジア → ヨーロッパの旅 を表示
最新コメント
[03/15 じょん子]
[03/14 縄田ヒトミ]
[02/17 ぴょんきぃ]
[02/17 ぐっちょん]
[02/17 ぐっちょん]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Horiken's travels All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]