忍者ブログ
元気があれば、なんでもできる。
[510] [509] [508] [507] [506] [490] [505] [504] [503] [502] [501]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月6日(月)


夕方、暗くなりだした頃に、オークランドの街を出発し、

夜10時、空港に到着。


さて、ここからチェックイン終了までが、いろいろとあって大変だった。。。

ネット上に公開できる範囲で、ドタバタっぷりを記録しておこうと思う。

 


+ + + + + + + + + +
空港に到着して、まずは荷物のパッキングを開始。

 

【チェックイン開始は朝の4時からなので、余裕たっぷり。】

のんびり荷物を降ろし、それぞれのパニアバッグの重量を、持ってみた感じで確認。


「やっぱりバッグの重さは、だいたい25~30kgだな。」


当然、荷物は、すでに減らせるだけ減らしてある。



Jetstar航空(ジェットセーバー)でチケットを取ったので、荷物の限界は、


 手荷物      → 10kg

 預け入れ荷物   → 20kg

 超過預け入れ荷物 → 20kg (+$300もした。航空券は$420。)


で、合計50kg。


前回、自転車本体が18.5kgだったから、

その他の荷物の許容量は、30kgちょっとということになる。


持った感じでは、ギリギリ大丈夫そう。

ビニールシートでの自転車の梱包も、前回よりもだいぶ上手くできた。 


 
 

【これで、バッチリ通過できるはずだ!】



「よし!あとは、朝4時まで中でのんびりしていよう。」


自転車と荷物を同時には持てないので、先に荷物をロビー(屋内)において、

すぐに自転車を取りに外へ。



自転車を抱え、再びロビーのほうへ向かって歩いていると、

さっき置いた荷物の前に、警備員が立っている。


「この荷物は、君のかね?」


いぶかしげな表情で、聞いてきた。


「そうです。」


相手がなにか言いたそうな顔をしているので、思いっきり笑顔を作った。



「まずイヤホンを取れ。音楽を聴いているやつに話すのは嫌いだ。」


おっと。はいはい。



「なんでこんな風に荷物を置いておくんだ?君の国では、こんなことが許されているのか?」



は?


重くていっぺんに運べないから、荷物を2回に分けて運んでるだけだけど…



っていうか、何でそんな言い方するの?


その警備員の、見下した態度と言い方に、カチンと来た。



「見りゃ分かるだろ!荷物が多すぎて、いっぺんに持てねえんだよ。このハゲじじい。」


そう言いたかったけど、トラブルを起こすのは懸命ではない。


でもイラッとしたので、とぼけて、


「荷物が多くて、分けて運ぶしかなくてね。何が問題??爆弾だとか思いました?」


笑顔は崩さず、わかりきった理由を聞いてみた。



「当たり前だろ。そのくらい、考えて行動しろ!」


また、軽蔑した表情で俺を一瞥して、去る警備員。


いやな感じだ。



空港の警備員が、安全を第一に考えるのはよく分かる。

常に、不審なものに目を光らせていてくれるのはうれしい。


でも、俺が荷物から離れて、まだ一分も経っていないのだ。

こっちの姿はずっと見えてたんだから、

何してるのか、ちょっと様子を見りゃわかるだろ。



あっちの言い分もよく分かるけど、とにかく話し方に腹が立った。



トイレの前に、大きな荷物を数十秒置いとくやつ全員に、

毎日、お前はそういう態度で話しかけてるのか??



ほんの30秒ほどのやりとりで、かなりムカムカさせられたけど、

人の態度にムカついたときはいつも、逆に、思いっきり笑顔でいる。



「もうちょっと、言い方を考えた方がいいよ。おっさん!」


心の中で、あっかんべー。




警備員とひと悶着あったあと、すぐ近くに 

 
 

【荷物の重さを量る機械を発見。】(無料)


「へ~。こんなの、空港ではじめて見た!あると便利だよなー。」


早速、荷物の重量を量ってみる。(たぶん、大丈夫なはずだ。)



が、機械に表示された数字は、予想をかなり上回る数字だった。



「あれ!?こりゃちょっと、ヤバいな~!」



どうにかしないと。



でも、荷物は減らせるだけ減らしてある。

これ以上、捨てられるものはほとんどない。。。



さっきの警備員の件があるので、ここでは"置いとく作戦"は使えない。

できるのは、"着まくる作戦"だっけだった。

でも、それだけではまだまだ足りず、"ゴミ箱作戦"を思いつく。



手荷物の10kgも、ギリギリまで使わないといけないので、

持ち込むバッグには、リールや工具、スプーンに鍋、電池や砥石まで、

金属製のものをとにかく積めまくり、10.2kgに仕上げた。


預ける荷物も、トータルでほぼ40kgぴったり。



あとは、チェックインの時が来るのを待つだけ。

ロビーで紅茶を1L飲み、眠気を抑えながら、クロスワードをやって英語の勉強。



途中でトイレに行ったときのこと。(午前3時)



荷物を整理していたとき、ちょっとした手違いがあった。
(ガソリンの処理に失敗…)

そのせいで、トイレの中がガソリンのにおいで充満していて、びっくり。


"空港のトイレが、ガソリンのにおいでいっぱい"


という状況は、ヘタをしたら大騒ぎになる。
(あの警備員が知ったら、怒り狂うだろ。。。)



「ヤバいヤバい。なんとかしないと!」



ガソリンの臭いのするトイレで一人、

ドタバタと慌ただしく、臭いを消すのに必死になった。


持っていたビニール袋は穴があいているやつで、トイレが水浸しになったけど、

とりあえず、臭いはなくなって安心。


午前3時でよかった。




朝4時になり、チェックインが開始された。


"着まくる作戦"に"詰め込む作戦"、"ゴミ箱作戦"も駆使して、

いざ、カウンターへ。



全ての荷物を運び終わって、パスポートを見せようとすると、

カウンターのおねえちゃんが一言、



「すみません。その状態では、自転車は預かれませんが。。。」



え!?


なんで!?


ジェットスターで自転車を積むときは、

輪行袋に入れるか、ビニールシートでくるめばOKなはず。

それで今まで、何度か乗ってきたのだ。



「そんなはずはない!これが初めてじゃないんですよ!」


すると、



「つい最近、規則が変更になったんです。ネットの条件にも書いてあります。」



はぁ!?


「俺がチケットを取ったのは3月だし!そんなの見てないよ!」



「すみません。規則には従ってもらいます。」


このカウンターのねえちゃんも、薄ら笑いを浮かべながら話していて、いやな感じ。




ふざけんな。


じゃあ、自転車は諦めろってか??


イライラ。



すると、


「自転車専用の箱を、$25で販売しておりますので、よかったらどうぞ。」


なんだ、箱は売ってるのか。
(ちょっと安心。)


それにしても、このカウンターのねえちゃん。

こっちが必死に抗議してるのに、別の係員とおしゃべりしながら、反笑いで対応しやがる。


イライラ。。



「じゃあ、箱買うから積んでよ。」



箱が来た。



タイヤを外さないと入らない。



F○○k!



くるんでいたビニールシートを全部はがし、広げてたたむ。


狭いカウンターの前に、デカくて汚れたブルーのビニールシートが広がり、

後ろでならんでる人々がザワザワ。


ますます、イライラ。。。
(もう、笑う余裕がなくなった。)


"着まくる作戦"を実行中のため、あっという間に汗が吹き出てくる。


F○○k!


前輪を外すが、後ろの泥除けが引っかかり、入らず。


「F○○k!」


イライラするねえちゃんとは別の係員が、イライラする俺を見て、

一生懸命手伝ってくれている。


でも、なかなか自転車が箱にフィットしない。


「F○○k!」


あのビニールシートで十分じゃねえかよ!


なんで、わざわざこんな箱に入れなくちゃいけないの!?




イライラ感を、声に出して露わにする俺。



やっと箱に自転車が入った。



両手にチェーンオイルがべっとり。

さらに、汗だくなのが不快感を増徴させる。(←完全に自分のせい。)




20分後、ようやくチェックイン手続きも終了。


自転車の梱包に手間取ったためか、荷物はなぜか計量されずに通過。

作戦意味なし。



なんとか手続きが終了し、少し冷静になった。



途中から笑う余裕がなくなった、醜い自分を反省。



「さっきは、イライラしてすみません。俺が悪いのに。」



手伝ってくれた係員に、誠意を込めて謝った。



あれくらいでイライラしちゃ、いかんよな~。

(もっと広い心を持たなくちゃ!) (~.~;)...


思い切り反省。




そんなわけで、飛行機に乗るまでに、いくつかのドタバタがあった。

もし友達が傍観していたら、きっと笑えただろう。



俺は、飛行機に乗るのが、ちょっと嫌になった。笑

(でも、これからも何度か乗らなくちゃいけない…)




飛行機は時間通り、午前7時に離陸した。


オークランドから、経由地のゴールドコーストへ3時間。

2時間半待って、

ゴールドコーストから、成田空港へ9時間。


長い空の旅だったけど、なぜかほとんど眠れず。


紅茶のカフェインパワー恐るべし。


 

【でも、無事に着いた!】


成田空港から、実家まで4時間。

(荷物が多すぎて混雑した電車には乗れず、新宿からは各駅で帰った。)



オークランドで飛行機に乗ってから、20時間半後。

 

【午前0時半、帰宅しました。】

もう、自転車以外の乗り物には、しばらく乗りたくない。




日本は、思ったよりも暑くなかった。


駅の混雑と、車窓からの景色を見て、


「やっぱり日本には人がいっぱい住んでいるなあ。」


と、改めて思い、


電車の中で携帯をいじる人が多いのを見て、


「日本だな~。」


と実感。


日本が大好きな俺は、日本に着いてからは、終始半笑い。(ニヤニヤ)


I love Japan ! (^~^)v


次の旅まで、ちょっとのんびりします♪


----------------------------------------------------------

*途中、乱暴な表現があったのをお詫びします。。。(~-~;)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あらら
私のリクエストも重さの一因になったかな、ごめんね。
とりあえずYahooの方にメール入れておきました。
私はまだ名古屋だよ~。木曜深夜に移動します。
まだまだ旅は続くんだね、羨ましい。
mikkie 2011/06/07(Tue) 編集
金曜日ね!
スタビーホルダーはめっちゃ軽いから、何個でも全然大丈夫だったよ。
今、メールの返信したよ。
では、金曜日にね!
 【2011/06/08】
お帰り~
もし、、
チェックインカウンターで俺も一緒なら、、
大爆笑!!!ハハ

次の旅まで充電だね~
俺も9月頃には3週間時間ができるのでどこかに行きます。
大陸のどこかで遭遇したりして、、、
マサ グルジア 2011/06/08(Wed) 編集
どうもー!
無事に地元に戻ってきました~♪
最後のドタバタとイライラっぷりは、はたから見たら絶対笑えましたよー!笑

まささんは、9月にまた旅生活ができるんですね↑↑
今度は、大陸の中部か東部ですか??
楽しみですね~♪
予定が決まったら、ぜひ教えてくださーい!
 【2011/06/08】
おつかれ
お帰り~
ちいこ 2011/06/08(Wed) 編集
ただいま!
地元、落ち着くわー。
このままダラけた生活しないように、気をつける(~~)b
ちいこの都合いいときに、行くわ!
 【2011/06/08】
旅の道のり

より大きな地図で アジア → ヨーロッパの旅 を表示
最新コメント
[03/15 じょん子]
[03/14 縄田ヒトミ]
[02/17 ぴょんきぃ]
[02/17 ぐっちょん]
[02/17 ぐっちょん]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Horiken's travels All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]