忍者ブログ
元気があれば、なんでもできる。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日で、地元に帰ってきてから4日目。



相変わらず目が覚めたとき、


「わ!?なんで家にいるんだ!?」


っていう、一瞬の驚きがあって新鮮な気分だけど、

その瞬間以外は、「自分の意識」と「目に映る現実」がだいぶ一致してきた感じ。




帰ってきたんだなぁ。



やっぱり、住み慣れた家は安心感が違う♪



当たり前のように"快適な暮らし"ができる、世界一居心地のいい場所。



こんな場所がある自分は、幸せだなぁ。








さて。



「まずは、いろいろとやるべきことをやっておかなくちゃ。」



というわけで、おととい(月曜日)、

まずは役所へ行って住民票を入れ、国民健康保険にも加入した。

これで、再び日野市民になった!

なんだか、少し地に足が着いた感じ。


でも、肩書きはまだニートですみません。(^。^;)






そして昨日は、日野市民病院へ行き、内科で診察をしてもらった。


肝炎になった経緯や、イスタンブールでの療養生活と経過を伝え、


○散歩以上の運動をしてはいけない

○アルコールを控え、食事制限も続けること


と、あちらのお医者さんから言われたことを説明した。




そこで、日本のお医者さんからのセカンドオピニオンに、


わぁ!びっくり!!


  ↓


「へぇ。あちらでは、そう言われたんですか…。これくらいの数値まで落ちているなら、そこまで生活に気を遣わなくても大丈夫でしょう。運動は、極端にハードなものでなければ問題ないと思います。食事も、普通の食事なら特に問題ないでしょう。さすがに、アルコールはけませんが。」



ええっ!?



ほんとですか!?




「バドミントンとかテニスとか、普通にやっちゃっていいんですか!?」

「チョコレートとかジャムとか、甘いものはなるべく食べるなって言われたんですが!?」

「食品添加物が入っているようなものは、口にしないように…とか。。。?」



Dr.「う~ん。そこまで気にすることはないでしょう。これくらいの数値の患者さんはざらにいますが、みなさん普通に生活していますよ。」





ひゃ~




あら~




そうですか~





トルコでお世話になってたお医者さんとは、言ってることも表情の深刻さも全然違っていて、

完全に拍子抜けした。




でも、ほんとかなぁ!?





「下手をすると、慢性肝炎になる恐れもあると言われたんですが…。」




Dr.「確かに、薬剤性肝炎にしては回復が遅いですね。ただ、回復のスピードには個人差がありますし、肝炎の原因にもよるのでなんともいえないでしょう。運動をしたからといって、急激に悪化するような段階ではないと思います。」



そんな話だった。



正直、それはちょ~うれしい!


これ以上、家でじっとしていなくていいってことだ♪

食べたいものも食べられる♪


思いがけない朗報であった。




ただ、どっちの先生の意見をどれだけ信じるかっていう問題はあるけど。。。




俺は、日本の先生を信じる!(^へ^)b
(なぜなら、都合がいいからだ!笑)





そういうわけで、一日中じっとしてるのは早速やめにします。

ほどほどに運動しちゃおう。へへっ。



次の検査は、7月8日。



そこでもし結果が悪くなったら、そっからおとなしくすればよし。





むっ!?


ということは…


もし、この先生がトルコにいてくれたら、自転車の旅も続けられてたんじゃ…




がーん。





いやいや。

「もし」なんて考えても意味がないよな。




意外なセカンドオピニオンのおかげで、これからの生活の選択肢は大きく広がった。


ロードバイクにも乗れるし、サーフィンもできるかな!?

ちょっと働いちゃったりもできるかな!?





日本の先生が正しいことを願う。
 
 
 
 
 
 
PR
日本に帰ってきて、とりあえず3日が経ちました。(今日は25日)

事務手続きがいろいろ慌しいのと、まだ気持ちの整理がつかないのとで、

せっかく連絡やコメントをくれた人たちに、まだ返事を書けずにいました。
(ん~!まだ書いてない!)

ごめんなさ~い。(-。-;


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


2013年6月21日(金)【旅661日目 トルコ86日目】


今日は、いよいよトルコを出発する日。




【ここの宿で、6週間も療養生活をしていた。】

長かったな~。

でも結局、治せなかったな~。




飛行機は、昼の12:30に出発の便。

3時間前には空港へ着くよう、余裕を持って出たんだけど、

タクシム駅からトラムのカバタシュ駅へいくケーブルカーがなぜか運行していなくて、

重い荷物を抱えて、カバタシュ駅まで歩くハメになった。


自転車の整備用具や無駄なものを捨てて、



【荷物はできるだけ減らしたつもりだったけど】

やっぱり、重い荷物を背負い&抱えて移動するってのは大変だった。

この荷物でバックパッカーに転身してたら、かなりしんどかったろうな。



トラムに乗るまでに1時間くらいかかってしまい、

空港へ着いたのは、出発の2時間前だった。



【チェックインカウンターは、まだまだ大混雑していた。ちょっと安心。】

さらに、昨日の夜、ネットですでにチェックインは済ませておいたので、

この行列には並ばないで済んだ。

Webチェックインなら、席も自分の好きな場所を選べるし、とても便利。


さて、ここで問題なのは…




【荷物の”個数”だった。】

今回は、Aeroflotというロシアの航空会社で帰ることにした。
("イスタンブール → 東京"が、$580=57000円)

手荷物10kg + 預け入れ荷物23kgが、各一個ずつ無料で持ち込めるチケット。

重量の合計は制限内に収めたけど、バッグの数は3つ以下には削れなかった。

このままだと、「個数+1」のために€50(7000円)も超過料金がかかってしまう。



そこで、




【2つのバッグを、テントのグラウンドシートで包んでひとつにまとめたら】

すんなり無料で受け取ってもらえた。

これだけで、7000円の節約。

なんでもやってみるもんだ。



しかしその後、今度は別の問題が発生。




ずっと自転車のスタンドとして使ってきた、富士山の金剛杖を持ちこもうとしたら、

セキュリティチェックで引っかかった。


杖の持込みについては、事前にネットでチェックしてOKだと書いてあったし、

荷物を預けるときにも、カウンターで実物を見せて、OKだと確認を取っておいた。



それなのに!

セキュリティーの係員は、

「これは武器になるからダメだ。航空会社の言うことと、空港のセキュリティとは別問題だ。」

と言って、まったく聞く耳をもたない。


その杖は、ずっと一緒に旅を続けてきた大事な記念品のひとつだったので、どうしても持って帰りたい。

英語があんまり通じない係員は、どうしてもOKだと言わない。


俺がセキュリティーでごねている間に、何人も杖を持った人たちが通過していくのに、

どうして俺が金剛杖を持って入っちゃいけないんだ!!

(考えられる理由 ①金剛杖が杖っぽく見えない。②俺が病人に見えない。)

なんだか、人や物を見た目で判断されるのにムカッとして、

とことんセキュリティー数人と口論を続けた。

20分くらい言い合いをして、警察官が登場。


空港のセキュリティーよりもよっぽど話のわかる(英語もわかる)警察官は、

「OK。君は安全な人間だと信じるから、持ち込んでいいよ。」

と、すぐに通してくれた。



空港では、自転車の持込でモメることが多かったけど、

自転車がなくても、結局、すんなりとは通過できないらしい。


「俺って、そんなに反社会的な人間なんだろうか…?」


と、自分にますます自信がなくなった。

こっちだって飛行機になんて、できれば乗りたくないんだよ!!




なんていう、小さなひと悶着があったもんだから、免税品ショッピングで残りのリラを使う時間もなく、

急いで飛行機に乗り込むハメになった。笑





【離陸。イスタンブール上空。】


「なんで俺、この飛行機に乗ってるんだ!?」


離れ行くイスタンブールの街並みを眺めながら、ふと我に返ったような気分になった。

同時に、目の前の現実が「非現実」に見えてくる変な感覚。


これは夢かな?


長かった旅生活が、もしかしたらこれで終わるかもしれない。


まったくピンとこない現実だった。


しかし、




【和気藹々とした雰囲気で、快適な移動であった♪】

となりのロシア人(空手家)、いいおっちゃんだな~♪

と思ったら、俺(31)よりも年下(30)だった。笑


あ…そうなんだ。

俺も、もう立派な「おっちゃん類」なワケね~!(^~^;)




いろんな現実にまったく"現実味"が湧かぬまま、予定通りに日本に着いた。




【我が地元の「高幡不動尊」】

地元の景色は、思ったよりもぜ~んぜん変化がなく、なんだかうれしかった。





【かわいい甥っ子は、"超かわいい甥っ子"に成長していた♪】

さっそく、いっぱい遊んであげた!(^m^)vバカおじ~!!



悲しい気持ちいっぱいで帰ってきたけど。。。

なんだか、いいこともありそうな気がしてきた~!

かな。(^^)




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


これが旅生活の終わりになるかどうか、これからの生活と肝炎の治り方次第。

とりあえず、しばらくは休憩っていうことにしておきます。



これからも、日々の出来事や、書ききれなかった旅の記録をここに書いていこうと思います♪





夢だといいな。



【コレ。】



「アレー⁉ なんで俺、帰りの飛行機に乗っちゃってるんだろ⁇」



いや、待てよ。

そもそも、これまでの4年間の方が夢だったのか…。


じゃあ今は、



"現実"へ戻っていっているのか…



とても妙な感覚。



目の前に見えてる光景が、突然、"現実味"を失ったようだ。




まだ心の準備ができてないんだな。




ただ今、経由地のモスクワ空港。



大好きな日本へ帰る嬉しさもあるけど、

比率8:2で、悲しさが多い感じ。



次に目が覚めたら、どこにいるのかな。

誰になってるのかな。

上も下もあるのかな。


この現実はどーなんでしょ。





あーもう。


この変な浮遊感。


ふわふわふわふわ。


何がなんだか、意味不明だね。





家族・友人の皆さん、もうすぐ帰ります。


ご心配おかけしまして、すみませんでした‼
m(_ _)m


しばらくは、おとなしく現実を見つめようと思います。




昨晩、ついに帰りのチケットを買った。

これでもう、帰らざるを得ないんだな〜。


"時間・お金・健康・やる気"


どれかが尽きたら、旅生活を終えようと思っていたけど、

まさか"健康"を失うとは…


全然思わなかったな〜。



それだけ、今までは健康に恵まれてたって事か(^^;)



人生の捉え方がまたちょっと変わる「刺激的」な体験ではあるけど…

一生引きずるような事態には、絶対ならないようにしなくちゃ‼(T ^ T)q





これを「旅生活の終わり」とするかどうかは、まだ決めていない。



4ヶ月後、運良く肝炎の慢性化を防げたとして、

まだ旅を続ける"時間"があるか、

旅を続けたいと思う"やる気"があるかは、今のところわからない。



まずは、一日も早く健康体に戻らなくちゃな。




本来なら、日本へ帰る時はウキウキしてるはずなのに、

全然嬉しくないな〜( ̄3 ̄)




4ヶ月間も運動禁止だなんて!!

ロードバイク、サーフィン、テニス、バドミントンに…ボクシング‼

旅をしてる間はできなかったスポーツをするのが、

ずっと楽しみだったんだけどなぁ。

散歩しかできないなんて、悲しすぎる。虚しすぎる。(´Д` )



食事制限も続くし…

久しぶりに友人と会っても、一緒に酒を飲めないのが残念だ。

「ラーメン二郎」にも…行っちゃダメだろうな〜笑
(青野さ〜ん‼T^T)


でも4ヶ月間。

一夏の辛抱だと思えば、短いもんだ…だっ‼(T_T)




頭は自由に動かせるから、TOEICとHSKの試験に向けて、

まずは勉強を頑張ろうと思う。



【かわいい甥っ子にも会えるし♪】

いっぱい遊んであげよっと!



元気がなくても、できることはいっぱいある(^へ^)q

昨日は一日中、ひたすら悩んだ。


そして、



やっぱり、日本へ戻って回復に専念する事にした。



健康を第一に考えるなら、そうするより他にないという判断をした(._.)




日本へ帰るチケット(22日着)は調べてあったけど、

昨日もまだ、それを買う気にはなれなかった。





そして今日。



ケーン号とはここでお別れなので、



【余計なパーツを外して、きれいに掃除してあげた】

車体を磨きながら、ここまで一緒に旅してきた色々な道や風景を思い出した。




「ごめんなぁ。俺が病気にならなきゃ、まだまだ一緒に旅できたのになぁ。」



(T ^ T)



涙が出た。


4年間、本当にありがとう。

お前は、最高のパートナーだったよ!相棒‼








きれいに掃除してあげたあと、






【ケーン号との、ラストライド】



【これが俺たち一緒の、最後の一枚だ(T ^ T)】



どうやってお別れしようかは、前からいろいろ考えていた。


「路上で売る」という選択肢もあったけど、

旅の相棒に値段を付けるのは忍びないので、

できれば、大切に乗ってくれそうな人にあげたかった。



そこで、自転車店を訪ねて回って、

大切に乗ってくれそうな人がいないかを聞いてみた。


すると、



【訪てみた2軒目のお店で】




【え!もらっちゃっていいの⁉やった〜‼】

と、喜んで乗ってくれる自転車店の息子さんに出会えた。

自転車店の子なら、きっとちゃんと面倒をみてもらえるだろう。



いい乗り手が見つかってよかった。


けど、また涙が出た。


俺たち、ずっといいコンビだったよなぁ(T ^ T)





ケーン号ともお別れしてしまったので、

ここで自転車の旅が、はっきりと終わりを迎えた。



さて。



俺もそろそろ観念しなくちゃ…か。(~_~;)



帰りの飛行機は、あさって(21日)の早朝発の便にしようと思う。



(T ^ T)




悲しんでても、しょうがないんだよな。


この局面、こっから、どうやってプラスに持っていけるかを考えるよ!(^へ^)q
旅の道のり

より大きな地図で アジア → ヨーロッパの旅 を表示
最新コメント
[03/15 じょん子]
[03/14 縄田ヒトミ]
[02/17 ぴょんきぃ]
[02/17 ぐっちょん]
[02/17 ぐっちょん]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Horiken's travels All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]