忍者ブログ
元気があれば、なんでもできる。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
9月2日(日) 【旅372日目 タイ17日目】
 
 
359号線、Sa Khwanにある交番での目覚め。
PR
7月5日(木) 【旅313日目 タイ13日目 ラオス22日目】
 
5/7/2012  (313th day in this trip, 22th day in Laos.)

 
トムの家に4泊させてもらい、今日は出発の日。
 
I stayed at Tom's house for four nights.
During my stay at his house,
he showed and taught me a lot of things about his culture.
And I enjoyed it very much.
 
Today, I left his house.
 
20120705_1.jpg
 
【なんて豪華な朝食!】
 
The breakfast this morning was a feast!
 
 
牛肉の刺身牛肉のラープイサーン風ソーセージコオロギのから揚げ
 
イサーン(タイ東北部)の人たちには、生で牛肉を食べる習慣がある。
 
新鮮で、すごくおいしい。
 
牛刺しはやはり高級らしいのだけど、俺がすごくおいしいと言ったので、
 
トムは、何回も食べさせてくれた。
 
 
イサーンのソーセージは、春雨のようなものが入っていて、
 
甘みがあっておいしい。
 
 
コオロギのから揚げは、以前バンコクで食べたとき、
 
体液がミルキーで「オエッ」としたけど、今朝のはサクサクで全然いけた♪
 
 
North east Thai (Isan) people eat raw beef.
And I like raw beef too.
Since Tom knew I liked it, he served me nice raw beeves many times.
(Even those were a bit expensive.)
He has a great hospitality.;)
 
 
And I liked the sausages.
Isan style sausage tasted a little bit sweet, and had rice noodles in it.
 
And...fried crickets.
It looked kind of ugly, but it was crispy and tasted nice.
 
 
 
 
 
出発の支度を整え終えると、
 
When I got ready to leave, 
 
20120705_3.jpg
 
【トムのお母さんが、お弁当とお守りのミサンガをくれた。】

旅の無事を祈る、お祈りもしてくれた。
(ゆでたまごをもらって食べる。)
 
Tom's mom gave me a bangle and Isan style cloth for wishng my safe trip.
And she also gave my dinner in a fancy lunch box.
 
 
 
20120705_2.jpg
 
【お世話になりました~♪】
 
It was nice meeting with Tom's family.
I really appreciate their hospitality and kindness.
 
 
 
 
 
自転車と荷物を車に積んで、国境の街ムクダハンへと出発。
 
晴天の空の下、1時間のドライブで、あっという間に到着。
 
 
I said good-by to Tom's mom,
then Tom gave me a lift to the border city "Mukdahan".
It took only 1hour to get there.
 
 
 
 
トムが、ムクダハンの街をあちこち案内してくれた。
 
Tom showed me around Mukdahan.
 
 
20120705_4.jpg
 
【山の上の展望台から見た、国境の街】
 
A view of Mukdahan(Thailand) and Savannakhet(Laos) city.
The Mekong River flows between the cities.
 
 
メコン川の向こう側が、ラオス側国境のあるサワンナケート。
 
ラオス側には、全く山がなく、ひたすら森が続いているように見えた。
 
I didn't see any mountain on Laos side.
The whole area looked flat with lots of trees.
 
 
 
 
 
 
 
ムクダハンの街から8kmほど離れたところある友好橋(Friendship BridgeⅡ)まで送ってもらい、
 
Then Tom took me to the border bridge.
 
20120705_5.jpg
 
【トムともお別れ】
 
I saied good-bye to Tom.
 
 
4日間、イサーン地方の文化をたくさん教えてもらい、
 
とても充実した毎日だった。
 
ぜひ今度は日本で会って、日本の文化を教えてあげたい。
 
 
 
いろいろありがとう、トム!
 
 
Tom showed and gave me a lot of things about their culture.
It was really enjoyable time for me.
Next time we meet, I wanna show him my culture in Japan.
 
Thanks for everything, Tom!
 
 
 
 
さて。
 
じゃあ、張り切ってラオスへ戻ろう!
 
 
 
と思ったら、ここで意外なアクシデント。
 
 
なんと、こっちの友好橋は、"バイクも自転車も走行禁止"だった!
 
 
 
ワァオ!
 
なんじゃそりゃ~!!
 
 
 
前にビエンチャンから渡った橋と、同じ名前の同じような橋だから、
 
てっきり自転車走行可だと思い込んでいた。
 
 
 
 
「自転車で向こう側へ行くには、どうすればいいですか?」
 
 
 
国境の職員の人に聞くと、
 
 
 
「誰かの車に、乗せてもらえるか聞いてみよう。」
 
 
 
と、車で橋を渡る人に頼んでみてくれた。
 
 
 
そして、一人目ですんなりOKしてもらえた。
 
 
By the way,
 
It wasn't allowed to ride a bike on the bridge.
I didn't know it!
 
I asked to the staff at the immigration how I can get across the river with my bike.
They were kind enough to ask somebody else who drives a pickup truck if he could give me a lift.
The first guy who were asked said, "OK!".
 
 
20120705_6.jpg
 
【ラッキー!】
 
優しい人が多くて、いい感じだね~♪
 
So I was able to get across the river.
Nice people live here.
 
 
 
 
 
無事に橋を渡って、
 
20120705_7.jpg
 
【2週間ぶりに、ラオスへ戻ってきた。】
 
I've come back in Laos for the first time in 2 weeks.
 
 
まだお昼過ぎだったけど、今日はもう先へは進まず、
 
ラオスで三番目に大きな都市、サワンナケートでのんびりすることにした。
 
Then I went to the third biggest city in Laos, "Savannakhet".
 
 
20120705_8.jpg
 
【サワンナケートのメインストリート】
 
The main street in Savannakhet.
 
 
静かだ。
 
高い建物はないし、車もそんなに走っていない。

街としての規模は、川の向こう側、

ムクダハンの10分の1以下の規模じゃないだろうか。
(面積は、サワンナケートの方が大きいらしいけど。)
 
The city was really quiet, much different from the other side of the river.
There was no high building, not many cars were running.
 
 
 
通りを走っていると、子どもたちが、
 
 
「サバイディー!」
 
 
と、笑顔であいさつしてきてくれる。
 
 
ラオスへ戻ってきたなぁという感じ。
 
 
A lot of kids said to me "Sabaidee(means Hello in Lao)"
Their smile felt me I'd come back in Laos.
 
 
 
 
 
一泊50000Kipの静かな宿に決めて、
 
夕飯は、お母さんにもらったお弁当を食べて、
 
I checked in a hostel, and relaxed.
 
 
 
20120705_9.jpg
 
【お腹いっぱいになった♪】
 
カオニャオ(もち米)が大好きである。
 
I enjoyed my dinner from Tom's mom.
 
 
 
 
明日から、ベトナムのフエを目指して、まずはラオスを東へ横断。
 
ずっと平らで、しかもたった240km。
 
 
「3日間あれば、余裕だなー。」
 
 
 
なんて思っていたら、

夜、
 
頭痛と関節痛がして、気分がわるくなった。
 
 
夕方から扇風機に当たり過ぎたのか、風邪をひいたらしい。
 
 
時間はあるので、明日一日休んで、ゆっくり治すことにしよう。
 
 
I only have 240km to get across Laos to Vietnam.
Ithought I needed only 3 more days in Laos.
 
 
But, at the night, I had headache and felt very bad.
I thought I caught cold.
 
 
I wasn't hurry, I decided to stay one more night here.
 
 
----------------------------------------------------------------

【タイの"へぇ~"】

東北部(イサーン)の人やラオスの人は、

20120705_11.jpg

【"カオニャオ'という名のもち米を、主食に食べる。】

I like this sticky rice.

手でつかんで小さい団子状にして食べるのだけど、

全然ベトベトしていなくて、手は汚れない。

冷めていてもおいしい。

俺は、このカオニャオがとても好き。



驚いたのは、

タイでは、フルーツと、このカオニャオを一緒に食べるということ。

20120705_12.jpg

【夕食時、トムのお父さんが、バナナとカオニャオを一緒に食べていたので、】

俺も、そうやって食べてみた。

おいしい!!

バナナともち米のコンビネーションは、なかなかアリ!
(パイナップルは、イマイチ。)


What surprised me was...

The sticky rice went well with Banana!



タイ料理には、独特のおいしさがある♪

I really like Thai foods.
4/7/20112
 
 
トム家にホームステイさせてもらって、今日で4日目。
 
もう一晩だけ泊めてもらって、
 
明日の朝、出発することにした。
 
 
 
 
おととい(1日)の夕方、
 
ラオスまであと80kmというところで、
 
地元の青年(トム)に声をかけられ、家に泊めてもらうことになった。
 
 
2days ago,I met a local guy,Tom.
He asked me if I wanted to stay at his house.
So I said "Yes."
 
20120703-1.jpg
 
【同い年で、船乗りのトム】
 
He works as a sailor, and same age as me.
I thought we could be a good friend from the beggining.
 
旅の道のり

より大きな地図で アジア → ヨーロッパの旅 を表示
最新コメント
[03/15 じょん子]
[03/14 縄田ヒトミ]
[02/17 ぴょんきぃ]
[02/17 ぐっちょん]
[02/17 ぐっちょん]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Horiken's travels All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]