忍者ブログ
元気があれば、なんでもできる。
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本の病院へ行って、運動OK食べてもOKという診断を受けたので、


翌日から早速、



【バドミントン!】


か…



身体が動かネェ~!(^。^;)




かる~く、1時間くらい動いただけで、

脚が、もう自分の脚じゃないみたいに動かなくなった。笑



次の日は、腕も脚も筋肉痛でビッキビキ。


2ヶ月以上も、ほとんど寝ているばっかりの生活をしていたので、

身体がただの「木偶の坊」になっちゃったわ~。わ~。



でも、この喜びったらもう!


"運動ができる"っていう、幸せ感!!



サイコーです!!(TへT)q
(筋肉痛バンザ~イ!!)










その翌日は、5kmほど走ってみた。


ビッキビキだった脚が、パッキパキになった。(TへT)


急に運動を始めたことで、身体がびっくりしている。







そして今日は、全身筋肉痛



でも、テニスやっちゃったもんね!




したらば、明日も絶対筋肉痛




でも、明日もバドミントン!!




へっへっへ~。





筋肉が悲鳴を上げるのを、久しぶりに楽しんでます♪














そして…









【皆さんご存知(!?)、"ラーメン二郎"!!】

元同僚の仲良しの先輩が「行こうよ!」と誘ってくれたので、つい…(^.^;)




【これでも"プチ二郎"なんです!】

身体の事を考えて、プチでガマンしたんです。笑

「プチ二郎」なら、ギリギリセーフ!

(というルールを作った。)

タロさん、青野さん、お誘い待ってます♪









そしてそして…





【回転寿司!】

と、かわいい甥っ子♪




ああ、もう。




日本にいると、なんて幸せがいっぱいなんだろう(☆~☆)





【ね~!ゆーじん!】


悲しぃ~い気持ちで飛行機に乗って帰ってきたけど、

自分には、幸せを感じさせてくれる人や物がいっぱいあるから、



まだまだ、これから!



って、もう完全に頭が切り替えられた。








あ。



でも、まだ病人だってことは忘れちゃいけないんだよナ。



まだあんまりハデに動かないよう、あんまりハメをはずしすぎないよう、

気をつけますネ(. .)









【旅生活も最高だったけど!】


今までの生活だって、最高だった!



ってこと、改めて感じました。







あとは、


元気があれば、なんでもできる!!


これからも、あんなことやこんなこと、がんばります(^^)q





これから、やることいっぱいだー。

PR

今日で、地元に帰ってきてから4日目。



相変わらず目が覚めたとき、


「わ!?なんで家にいるんだ!?」


っていう、一瞬の驚きがあって新鮮な気分だけど、

その瞬間以外は、「自分の意識」と「目に映る現実」がだいぶ一致してきた感じ。




帰ってきたんだなぁ。



やっぱり、住み慣れた家は安心感が違う♪



当たり前のように"快適な暮らし"ができる、世界一居心地のいい場所。



こんな場所がある自分は、幸せだなぁ。








さて。



「まずは、いろいろとやるべきことをやっておかなくちゃ。」



というわけで、おととい(月曜日)、

まずは役所へ行って住民票を入れ、国民健康保険にも加入した。

これで、再び日野市民になった!

なんだか、少し地に足が着いた感じ。


でも、肩書きはまだニートですみません。(^。^;)






そして昨日は、日野市民病院へ行き、内科で診察をしてもらった。


肝炎になった経緯や、イスタンブールでの療養生活と経過を伝え、


○散歩以上の運動をしてはいけない

○アルコールを控え、食事制限も続けること


と、あちらのお医者さんから言われたことを説明した。




そこで、日本のお医者さんからのセカンドオピニオンに、


わぁ!びっくり!!


  ↓


「へぇ。あちらでは、そう言われたんですか…。これくらいの数値まで落ちているなら、そこまで生活に気を遣わなくても大丈夫でしょう。運動は、極端にハードなものでなければ問題ないと思います。食事も、普通の食事なら特に問題ないでしょう。さすがに、アルコールはけませんが。」



ええっ!?



ほんとですか!?




「バドミントンとかテニスとか、普通にやっちゃっていいんですか!?」

「チョコレートとかジャムとか、甘いものはなるべく食べるなって言われたんですが!?」

「食品添加物が入っているようなものは、口にしないように…とか。。。?」



Dr.「う~ん。そこまで気にすることはないでしょう。これくらいの数値の患者さんはざらにいますが、みなさん普通に生活していますよ。」





ひゃ~




あら~




そうですか~





トルコでお世話になってたお医者さんとは、言ってることも表情の深刻さも全然違っていて、

完全に拍子抜けした。




でも、ほんとかなぁ!?





「下手をすると、慢性肝炎になる恐れもあると言われたんですが…。」




Dr.「確かに、薬剤性肝炎にしては回復が遅いですね。ただ、回復のスピードには個人差がありますし、肝炎の原因にもよるのでなんともいえないでしょう。運動をしたからといって、急激に悪化するような段階ではないと思います。」



そんな話だった。



正直、それはちょ~うれしい!


これ以上、家でじっとしていなくていいってことだ♪

食べたいものも食べられる♪


思いがけない朗報であった。




ただ、どっちの先生の意見をどれだけ信じるかっていう問題はあるけど。。。




俺は、日本の先生を信じる!(^へ^)b
(なぜなら、都合がいいからだ!笑)





そういうわけで、一日中じっとしてるのは早速やめにします。

ほどほどに運動しちゃおう。へへっ。



次の検査は、7月8日。



そこでもし結果が悪くなったら、そっからおとなしくすればよし。





むっ!?


ということは…


もし、この先生がトルコにいてくれたら、自転車の旅も続けられてたんじゃ…




がーん。





いやいや。

「もし」なんて考えても意味がないよな。




意外なセカンドオピニオンのおかげで、これからの生活の選択肢は大きく広がった。


ロードバイクにも乗れるし、サーフィンもできるかな!?

ちょっと働いちゃったりもできるかな!?





日本の先生が正しいことを願う。
 
 
 
 
 
 
旅の道のり

より大きな地図で アジア → ヨーロッパの旅 を表示
最新コメント
[03/15 じょん子]
[03/14 縄田ヒトミ]
[02/17 ぴょんきぃ]
[02/17 ぐっちょん]
[02/17 ぐっちょん]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Horiken's travels All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]